まるやま組

スポンサーサイト
--/--/--(--) | スポンサー広告 |Comment
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
つないできたもの、つないでゆくもの。
2012/05/19(土) | 経済 |Comment
05:19:3

毎月集落の集会所でおばあちゃん達が集まるおしゃべり会が開かれています。70才くらい以上のおばあちゃんたちがその名の通りおしゃべりをしたり、ごはんを食べたりと言うお楽しみ会みたいなもの。去年は山菜の事について聞きにいったり、キノコを選り分けてもらいにいったり何度か乱入させてもらいました。

今回はまるやま組で育てた小豆が実のつきが良かったと評判になり、タネが欲しいと言われていたのでなるべく効率よく色々な方に渡す為にやってきました。まずは去年のまるやま組の取組みを説明します。いつもお世話になってる谷口さんや谷中さんとおなじみのお顔も見えるのですが、きっとおばあちゃん達にとって不可解だろうなぁ~と思いつつはなします。

そして交換と言っては何ですが、おばあちゃん達が毎年種取りをしている野菜などはないか質問してみました。もし集落に引き継がれている在来種の野菜があればまるやま組の畑で育ててみたいと思ったのです。なぜかと言うと去年谷口さんからいただいた自家採種のタネから作ったナスの苗の生育がとてもよくて、ホームセンターで買ったのとは比べ物にならなかったのでやっぱり土地に根ざした作物は違うんだなぁと実感したからです。

さっそく何人かのおばあちゃんからいただけることになりとりにいったタネ達。

05:19:1

ちいさな一粒一粒に何世代かをかけて栽培する間の暑さ寒さや雨雪の量、いろんな情報がギッシリ詰まってこの土地に合うカタチになったんだなと思うと貴重です。生き物の時間の早さでしか記録されないデータの集積。

中でも面白いのが能登特有の瓜でババウリというものがありますが、今回はジュウロウさんの家から二種類いただきました。早生のハヤババと晩生のオクテババ。オクテババってひびきがなんだか怖い感じですが。。。
すでにジュウロウさんの畑のトンネルの中には苗になっていました。タネと同様違いがみられず、おんなじ大きさですが実がつく時期に違いが現れるそう。

05:19:2

他に皮が縮れたカボチャは保存が利くとか、ササギは今から何度かに分けて蒔いてとか、ナンバは今すぐ蒔くようにとかいろいろ教えていただきました。

05:19:4

土地に根ざした作物を育て、命をつないで来たおばあちゃん達の暮らし方。これからを生きる人達に大きなメッセージになるライフスタイルです。昔はぬりものを30人前ほどそろえて冠婚葬祭には両隣の器を集めれば100人程のお客様をもてなせたと言います。だからいろんな人から譲りうけた塗り物の高台の裏には屋号が記されています。お椀が混ざってわからなくなるのを防ぐため。作物はもちろん器まで土地に根ざしているのですね。

05:19:5

去年の夏集落のこども達と歩いて作った屋号地図。そこにおばあちゃん達が自家採種した作物の名前やあぜ豆を作っているところを落としてみました。するとイケダに住む、ジュウロウさん(屋号)のつくったオクテババが地図上にあらわれました。

ホームセンターでF1のタネを買ってくるのとは違う、もっと愛着の湧くあたたかい暮らしが見えてきた様な気がします。トレーサビリティーなんて言葉よりもっとわかりやすくシンプル。これで地図の横に栽培の時期が入ればよりわかりやすいですね。

小学校のまるやま組プロジェクトのテーマにも良いかもしれません。『野菜の栽培』というのが文科省の生活科の2~3年生の指導要綱にあった気がします。おばあちゃん達に、今ここでこども達と同じ時間を持って、命をつなぐ事の手段として野菜を作る。アタマとカラダがつながるといいですね。

何時、どこで、誰が、何を、どんなふうに育てたり、利用して来たかを記録する。そしてひとつひとつのタネを入れる袋を作っておばあちゃん達の写真を入れれば、それは集落にとっての財産であるのではとさえ思ってしまいます。

こんなふうにここであたりまえにつないで来たものをあらためて見えるカタチにする事で、すこしでもつないでゆく事のお手伝い出来たら、少しはここにいる意味もあるのかなぁと思ったりします。
銀のハンカチ
2012/05/03(木) | 経済 |Comment
5:2:4

朝のまるやまにはたくさん銀のハンカチが落ちています。

5:2:3

あっちにも、こっちにも。

5:2:7

よく見るとちゃんと家主さんが見えています。

5:2:5

帰りがけ田んぼの畔にひとくくりの竹の束。

5:2:2

通り過ぎそうになって支柱だと気付く。畑のえんどう豆用の支柱とみた。そこで辺りを見回すと、同じ竹の薮発見。

5:2:1

河原に密集して生えてるのを刈ってあるのです。ホームセンターに行かなくても身近にあるものを活用することをおしえてもらいました。里山は何気なく見える風景にもいろいろな学びがあります。何でも買ってくる前にまわりをみまわしてみると案外使えるものは身近にあるかもしれません。誰にも会わなかった散歩なのですが誰かと対話した気分になっています。
ワケもなくたのしい!
2012/05/02(水) | 経済 |Comment
キブシ5

桜が咲く頃になると山の木にはいろいろな花が咲き始めます。ぽろぽろとした花の粒がぶらさがって揺れるかんざしのようなキブシのなかま。

ケキブシ

キブシ4


雪深い日本海のものは太平洋のものに比べて葉に毛が生えていたり特有の形に変化した種があるようですが、このケキブシもそのひとつらしいです。調べていると昔はこの木の随とよばれる芯の部分を抜き取って明かりのための油を吸い上げる灯心の代用としたと書かれています。

キブシ3

そこで切って来た枝を爪楊枝より少し短い長さに切って、つまようじでぎゅーっと押してみます。

出ないのかなぁーと思いながら押し続けるとポンッと白い芯が飛び出してきました!スチレンボードのような質感の上、結構しっかりとした硬さがあります。何だかわからないけどでてくると笑ってしまう。そしてヤミツキになる。

キブシ2

ちょっと貸して、やらせてとついつい押し続けては、ポンッ。とやめられない、止まらない。随がとれる木だからズイノキと呼んでいるところもあるようです。こんどまるやまわりの呼び名もあるのか調べてみようと思います。

ケキブシの呼び名

キブシ1

以前七尾の一本杉通りの高沢ろうそく店さんにも束ねた灯心が売られているのをみました。油をしみこませて灯を灯してみたいです。その灯心はとても長かったのでい草かなにかのものだと思いますが。抜いたあとは穴のあいた枝が残ります。笛にして吹いてみました。キブシはお歯黒にも使われたそうですがそっちは試す予定なしです。。


春です。
2012/04/29(日) | 経済 |Comment
まるやまの周りの田んぼも田起こしがおわり、もともと耕さない新井さんの田んぼもみんな水がはられすがすがしい景色になりました。植物のモニタリング調査をしてきたせいかすこしずつ、いろいろな植物の春の形がわかってきました。花が咲く季節には何の植物かわかっても芽が出たばかりの双葉や小さな若葉ではわからなかったものも、そういえば秋にはこのあたりにあれがあった。とか去年もここでみたあれだ。とか想像がつくようになって来た気がします。

4:28:2

このところ子供の学校への登校が早くなり、お弁当つくりが始まったので早起きしてまるやまの周りを歩きます。朝露にぬれたヨモギが美しいです。

4:28:1

そこで、ヨモギ入りハンバーガーバンズを焼きました。能登のパン売り場にはなぜかハンバーガー用のパンがなくまた、いちばん近いハンバーガーショップまでも一時間のドライブは必須なので自分で焼いた方がはやいので。

4:28:8

今日はゆみさんのコゴミとりに連れて行ってもらうのでおすそわけに。子供のお弁当にはバンズと同じ型で焼いたたまごやレタス、クリームチーズとマーマレードなどをたっぷり。ヨモギパンは甘いのにもおかずにも意外と合います。マスタードは前の日に珠洲の芥子の種を潰してマヨネーズに混ぜておくと風味が増します。

4:28:9

ゆみさんの家の近くでコゴミ摘みの途中でかわいい白い花を見つけました。

4:28:5

葉っぱの形がカタバミそっくりですが、花が白くて大きい。園芸種のオキザリスに似ています。家にかえって図鑑を調べたらミヤマカタバミのようです。学名にもオキザリスが入っていますね。

ミヤマカタバミ

4:28:10

すぐ近くには薄紫の花も咲いていました。杉やアテの植林されたところや雑木林の足下にひっそりさいています。

4:28:3

たぶんキクザキイチゲのなかまのようです。花を覗き込むとアネモネに似ているのですが同じ仲間のようです。野草でもこんなにきれいなものがあるのにおどろかされます。アネモネより好みです。

キクザキイチゲ

4:28:4


他にもキケマンのなかまやエゾネコノメソウなど同じ三井町の中ですが今までまるやまでは見た事のないものがたくさん見られました。

4:28:7

日当りや水はけを繊細に感じて棲み分けている植物達、可憐な姿にみえますが実はしたたかに子孫を残すために考え抜いているのかもしれません。三井町のまるやま以外の集落の植物にもちょっぴり興味の湧いた一日でした。
ガマ合戦
2012/04/17(火) | 経済 |Comment
昨日の夜すっかり日も暮れた7じごろ、車をだそうとライトを点けると坂道に何か茶色いものが。危うくひきそうになったのはヒキガエル。田んぼの用水のアカガエルの産卵もピークを迎え、そろそろかなとおもっていたら始まった様子。毎年我が家の下のU字溝にヒモ状の卵をいっぱい産んでいくのです。

がま1

あらためて家にかえって写真を見るといっぴきいっぴき個体のいろや模様、顔の表情がちゃんとちがうのがわかります。下がメスで、上がオスですがこのカップル、なんとなくメスが年上に見える。。。

がま2

おそらくアズマヒキガエルだとおもいます。耳の後ろにある耳栓から毒を出すそうですが、このカエルを食べるヤマカガシという蛇の持つ毒はこのカエルの毒を溜めておけるのだとか。親はこんなに大きくてグロテスクなのに、オタマジャクシはとても小さいのです。アマガエルのオタマジャクシの方がずっと大きいのです。

がま3

そして今夜も9時ごろまた別のカップルがやって来ていました。横顔を見るとオスは鼻先まですっと通った顔立ちでメスはかくっと下に下がる骨格のようです。この時期水辺をめざしてたくさんのカエル達が集まってメスの争奪戦を繰り広げる様子をカエル合戦とかガマ合戦と言うそうです。なんだか鳥獣戯画をおもいだします。しばらくは車の運転に注意しようと思います。