まるやま組

スポンサーサイト
--/--/--(--) | スポンサー広告 |Comment
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まるやまに戻ってきた風景
2011/07/25(月) | 文化 |Comment
畑作の大豆の被害は大きかったものの、畔に作った大豆はいい感じに育ってきています。何故でしょうか?いろいろな植物が共存しているから、田んぼの水があるから、ネキリムシの数が耕作放棄地より少ないから、などなどいろいろな要素が絡み合っての事でしょうが。

畦豆草刈り2_convert_20110726164254

でも畔で豆を作ると草刈り機で一気に草刈りをするわけにはいかず豆の周囲を手で刈らなければなりません。集落で草刈りプロフェッショナルのばあちゃんと若い世代も一緒に草刈りします。膝を曲げずにお辞儀したカタチで長時間草刈りできるのはすごいです。私はすぐ膝をついてしまいます。

畦豆草刈り1_convert_20110726164148

まるやまを背景にしばらく途絶えていた畦豆がよみがえっています。生育も良いし、畑のように一度にすべてやられる事も無いので来年はいろいろな方に畦豆作ってもらえるようになったら、畑が被害が大きくても保険になる気がしています。三井町の中で今でもどことどこで畦豆が守られているのか調査して地図に落としておけると資料になると思います。おいしい納豆にしてみんなで食べてみたいですね。自然農の農家さんの藁で!