まるやま組

スポンサーサイト
--/--/--(--) | スポンサー広告 |Comment
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
道草を食う
2011/04/29(金) | |Comment
畑をはじめてもすぐ雑草だらけにしてしまう私。里山で暮らし始めると都会仕込みの本当にだらしない生活様式がカタチになって目の前に突きつけられます。野菜を育ててるのか雑草育てているのか、虫のために育てているのかわからなくなるくらい。といってめげてはいられないので考えました。

種蒔きも肥料もなんにもしないのに草ははえてきてたくさん増えるのです。ならばそっちを食べた方が効率良いのでは?ということで今日はお昼前に新井さんの田んぼにおかずを採りに伺います。除草剤や化学肥料のかかってない草のある畔のはさながらオーガニックマーケットの野菜コーナー!

摘み草1

わーい、セリだセリだ。根元から採ってね、香りが良いから。と若者2人を田んぼに送り込み、
わたしは少し大きくなったヨモギを摘みます。

摘み草2

土手にはカンゾウのあおあおとしたパイナップルのような葉っぱがあったはず。10日くらい前に見たと思ったら
もうすでに草刈りがされてきれいさっぱり。でもちょっと横にそれたところに発見して採れましたがすでにのびていて草のかたちが違って見えました。地下茎にちいさな玉がついています。

摘み草3

さあ、あらってゴミとって、ゆでて!

摘み草4

カンゾウのぬた。岡田くんが絶賛。食感はネギのようで癖はなくほうれん草くらいに柔らかいのです。山菜とかって普通の野菜に比べて強いというか野趣が強くてちょっと歯ごたえのある食感のイメージがあるけれど、店売りの野菜に近い感じでみんなびっくり。

摘み草5

さっとゆでたセリは根ごと細かく刻んでぶなしめじ、豚コマと熱々のご飯とあえて揚げ浜塩で味をととのえ、かりかりに焼いたお揚げをふりかけていただきます。春の香りが口いっぱいに広がります。


摘み草6


よもぎはかき玉汁にしたてて。なんとか3品そろいました。まるやまオーガニックマーケットしばらくおせわになります。