まるやま組

スポンサーサイト
--/--/--(--) | スポンサー広告 |Comment
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アエノコト ~三井町・田の神様まつり~
2010/12/07(火) | 学び |Comment
12月5日輪島市三井町の旧福島邸で奥能登の農耕儀礼『田の神様まつり』がおこなわれました。
一年の稲作の間見守って下さった神様への感謝と、来年の豊作祈願をする祭りです。
アエノコト田んぼ

本来家ごとに取りはからう行事ですが昭和50年頃より育苗施設の普及などにより、
田の神の化身である稲籾が家庭で作られなくなったことをきっかけに
年々行わない家が増えてきています。
別称アエノコトはユネスコの世界無形文化遺産にも指定されています。
アエノコト座敷

三井地区では有志による保存会を立ち上げ昨年から伝統文化の継承を
行ってきています。
今年は地元の三井小中学校の生徒も参加したり、
またおばあちゃんから郷土料理の指導を受けて若い世代も台所で
盛り上がりました。
アエノコト御膳

12/12(日)今週末のまるやま組では一年間観察会のフィールドとしてお世話になった
ビオトープ田んぼで自然農に取り組んでおられる新井さんをゴテ(ご亭主)に
まるやま組みんなで田の神様に感謝する会になればいいなと思います。
農業する人だけでなくお米を食べてるひとみんなが
田の神様(生物多様性)を考えるきっかけになればいいですね。
伝統知と科学知は結構近くにあるのかもしれません。