まるやま組

スポンサーサイト
--/--/--(--) | スポンサー広告 |Comment
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
季間限定 photo studio
2011/02/07(月) | 経済 |Comment
いつまでふりつづくのかな?とおもった雪もここ数日とけ始め、節分を過ぎるとちゃんと日差しが変わってきます。

仕事柄いろいろな商品の写真撮影をさせていただくことがあるのですが、きちんとしたスタジオ等持っていないので暮らしの中の写真を撮らせていただいています。後から加工したりするときは白いバックグラウンドでとりたいなと思うと、白い椅子を使ったりしていました。でも商品の座りが悪かったりして困ったなと、ふと外を見れば真っ白!

雪の上で撮ればいい!

  雪醤油

角度や位置は自由自在。邪魔するものは無し。
カメラを首に掛け家と外を往復。興奮してすべる、すべる。 

        雪塩

『おお~いいね、いいね~』なんて独り言。 
    雪にがり

もう、紙だろうが瓶だろうが並べまくります。
だって今しかできない事ですものね。

  雪はがき

紙は質感や、厚み、質量が雪にのせると余計に伝わってくる気がします。
雪の季節にあるはずもない植物の図柄が雪原にあることの矛盾がアソビゴコロをくすぐられます。

うちにくる方、私が外で何かを並べていてもアタマがおかしくなったと思わないで下さい。
なったじゃなくて前からでしょと聞こえそうですが。
何もない?所でも愉しみ見つけられるようにすごく経済的にできている
自分が嬉しいような、悔しいような。