まるやま組

スポンサーサイト
--/--/--(--) | スポンサー広告 |Comment
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
香る種子
2013/07/12(金) | |Comment
生のアンズが届いてジャムにした後に残ったタネ。割ってみると中にはアーモンドの様な実がつまっています。

杏仁2

中華食材であんにんといって杏仁豆腐の香りのもとや漢方薬になっているというのは聞いたことがあったけれど取り出したのははじめて。

中華食材:杏仁

半信半疑で40コ余りちいさな千枚通しをヘタの所に挿して金槌で割りました。途中指を突き刺し痛い目に。でもおいしいらしいのでめげずに割り続けます。奥の赤い実はトッピング用のクコの実。これはスーパーで買って来て水でもどします。

杏仁1

アーモンドの様な仁が出てきました。一晩水につけて茶色い皮をむきます。

杏仁3

漬けた水と一緒にバーミックスでどろどろにします。鍋で煮出したら細かい目の茶こしで漉します。

杏仁4


杏仁5

寒天やゼラチンをゆるめになるように。砂糖もいれます。全てが溶けたら生クリームもいれます。

冷蔵庫で冷やし固めて杏ジャムとアンズ酒を少しとレモンでつくったシロップをかけます。

杏仁6

至福の杏仁豆腐の味を知ってしまったことが幸せだったのかどうかはわかりません。
(しばらくはスーパーの3コパック巻きにはもどれないかもしれません。)

ので、あまりおすすめはできません。

ただ実のあと、タネも楽しめるあんずはお得な果物であるにはちがいないとおもいます。