まるやま組

スポンサーサイト
--/--/--(--) | スポンサー広告 |Comment
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
虫よけ、虫さされには
2013/07/08(月) | 自然 |Comment
昔切り傷の消毒には赤チンとか茶色いヨードチンキというのが薬箱に入っていました。チンキと言うことばは英語でtinctureとよばれているもの。

ウィキペディアより

チンキ6

ひと月前にまるやまのまわりに沢山みられたヘビイチゴ。生薬ではジャモ(蛇苺の漢字から)とよばれるらしいです。子どもと競争してボールにいっぱい摘みました。

ヘビイチゴ

ホワイトリカーに漬け込んでみます。他にもヨモギとミント。オトギリソウ等もそれぞれ漬けてみます。

チンキ7

いろんなレシピがある様です。

いろんなチンキ

チンキ1

ひと月近くたって抽出液も大分色づいています。

チンキ2

フィルターで蛇苺を漉してみます。

チンキ3

オトギリソウも。

チンキ5

右がオトギリソウで切り傷に効くと言われています。左が虫さされに効くと言われているヘビイチゴのチンキ。

チンキ4

ヨモギは虫除けにも虫さされにも良いと言われています。大きめのスプレーボトルに入れて玄関やデッキにおいておいて使ってみます。とりわけ夕方畑に野菜や薬味をとりにいくときに。実際ウルリとよばれるブヨにさされたとき生えているヨモギの葉を揉んでつけておいたら何もしないときより腫れが少なかった経験はあります。

でももちろん人によってアレルギーや敏感な肌の方もいるので誰でも使えるわけではないと思います。効き目を家族で実験してみたいと思います。でも何よりさされないように衣服で肌を覆ったり、虫のいない時間帯に作業する等がだいじなのは言うまでもないことですが。。。

家のまわりにある植物を薬として使えたらおもしろいなと思います。