まるやま組

スポンサーサイト
--/--/--(--) | スポンサー広告 |Comment
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
蛙の日
2013/06/21(金) | 自然 |Comment
昨日は「蛙の日」でした。おとといの大雨の後まるやまのまわりは木々もしっとり瑞々しい朝でした。朝ご飯前のさんぽでまるやまへ。今年は田んぼの排水管埋設工事で田んぼに水を張るのがおそかった新井さんの田んぼにも水が満々とたたえられています。田植えもおわってよかったです!

今月のまるやま組にはあまり見られなかったモリアオガエルの卵はどうなったかなと毎年たくさんたまごの産みつけられる木に目をやると

かえる1

たくさんぶらさがっています!(田んぼの奥の正面のこんもり低い木の右側木陰に白い部分が卵です。)

モリアオガエル

モリアオガエルは森に住む日本固有のかえるでとてもきれいな緑色をしたかえるです。アマガエルよりおおきくて、卵を産む時には木が田んぼの様な水辺に張り出した所にのぼり泡の様な卵を産むのが特徴的です。ここに住むまでは自然の中でみたことがなかったので毎年この時期は感動します。

かえる2

わくわくしながら木の下へ行くとさっそく門番のかえる君がお出迎え。

かえる3

木の上や葉っぱにいました。

かえる4

あそこにも

かえる13

ここにも。下の大きい方がメスです。木の枝の上で相手を捜しているのでしょうか。

かえる5

枝先の方を見ると産卵中のかえる達がいます。たばねた枝の上にいくつもムースの様な泡が重なって、その上に円陣を組むように何匹も!

かえる7

各枝にそれぞれいくつのもの泡のかたまり。そしてその上にかえるの円陣。もう私は白い泡の玉の上にのったかえるのモビールがぶら下がった傘の中にいるみたいに周囲はみんな緑に包まれているんです。まるでナショナルジオグラフィックのような光景がライブでひとりじめ。

かえる6

よくみえないけれど真ん中はメスの様でまわりはオスが数匹取り囲んでいます。みんな後ろ足で自転車をこいでるみたいに泡を撹拌しています。

そこで気がつきました!いままでメスが泡を出すのかと思っていたらみんなで粘液をまぜまぜして泡をつくっていたんです。わ〜!そうだったんだ〜とひとりで声を上げます。

かえる8

でもなんで?きっと卵を守る為に泡で包む為じゃない?均一に泡の中にたまごを配置して、なかでオタマジャヤクシになるまでそだちやすい小部屋みたいなのができるのかしら。(終始声に出して自問自答。誰かいたら完全に変な人ですね)

かえる10

その間も休まずかえるくんはワッセワッセとこぎ続けます。右の方に見えるクリーム色の粒が卵。

かえる11

なんかオスは黒目が細いのが多い気がする。

かえる12

こぎ終わったのもいる。後ろ足に泡が残っている。

かえる15

こちらのメスはまだおなかがパンパン。がんばれ〜。お父さん、寝てる場合ですかっ。

かえる16

もう一つ発見!下から見るとアマガエルなんかに比べてとても体に対して足が長くて、足の指長くて吸盤も発達して見える。特にメスの足がそうなのはこうして森の木をオスを背負って歩く為の中も知れません。

かえる14

かえる28

かえる達の上っていたのは藤の枝。でもこれは藤の木じゃないのです。藤はつる性の植物で自分ではたっていられません。ここではネムの木にからまっています。画像の右の方の羽状の細かい葉っぱがネム。かえる達はネムではなくて藤の方に産卵します。

どうして?藤の葉っぱはネムよりひろくて泡の卵を支えやすい?藤の蔓の方がより下方の田んぼの水面にしなだれるのでオタマジャクシになったとき泡から水面までの距離が近いからかも。

蔓ならなんでもいいんだろうか?とおもったそのとき、又発見!
かえるの背中と藤の葉っぱのカタチがそっくりです。
藤で産卵に集まっていても葉っぱに見える、もしネムだったら目立ちすぎるのでは。カモフラージュ?

かえる7

おしりのカーブと藤の葉の尖り方似てませんか?

かえる17

むこうにまるやまも見えます。

かえる18

木の上に産まないで畔の縁に産卵してあるのもありました。
でもかわいそうなことになってるのもたくさん。

かえる19

たぶんサギかなにかに襲われたのだと思います。羽が落ちています。

かえる21

つがいで襲われてしまった。もう少しでたどり着けたのに。

かえる22

もう本当に皮一枚で卵でパンパンだったかえるのおなか。かわいそうだけれど全てが大人になれるわけではない自然界の厳しさを目の当たり。でもだから木に上って産むんじゃないのかなとおもいます。藤の葉影にかくれてね。そういう知恵を持った遺伝子が生き残って行くのかもしれない。

かえる26

今朝は本気で次女を学校休ませればよかったと思いました。だって「かえるの日」を見せたかったから。毎年こんなに大勢のかえるが集中してやってくるのはわずかな日しかないから。
たぶん「あまりのある割り算」よりたくさんのなぜ?やまなぶべきことがあるとおもったから。

かえる27

いっそまるやま組で受入れてる小学校の授業を急遽変更したい位でした。今日はなんたって「蛙の日」だからって。放課後、娘と夫が蛙の木を訪れた時かえるたちはみんな森に帰ってみられませんでした。

他にもたくさんあるんです。スイカズラの日も、ツルアリドオシの日も、テントウムシの日も、・・・・いま、ここでしかできない感動でこどもたちを満たせるとよいなと思います。