まるやま組

スポンサーサイト
--/--/--(--) | スポンサー広告 |Comment
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6月のまるやま組
2013/06/10(月) | 学び |Comment
朝のあいさつ。きょうもいろんな顔ぶれが集まってはじまります。小さなお子さんを連れた家族が多いですね。今日は3世代でのご参加もあり。地域の造り酒屋さん、醤油屋さん、地理学の研究者さん、オーガニックの農業法人にお勤めの方、アメリカ人の英語の先生、染色家・・・いつもながら多様なひとびととまるやまで学ぶ場をひらきます。

01.jpg

まずは恒例の大豆のたねまき。去年収穫した豆を蒔きます。集落で作られ続けた在来種の青豆です。耕作放棄地や畔で豆を作り、味噌や醤油と言う調味料にすることで地域の味を見つめなおすプロジェクト。3年目に成ります。

02.jpg

種蒔きのあとは山清水でのどを癒します。集落の農家さんも長年作業の合間に飲んできた水で我が家のライフライン、煮炊きは水道水より甘くて美味しいこちらをつかっています。ところが初参加の男の子から「こんな汚い水飲めないよ!」の声が。最初水道水の取水口付近より上流にあるこの水の方がきれいだと伝えようとしましたが、初めて自然の水を飲むのには抵抗がありますよねぇ。

03.jpg


でもおかまい無しに飲む子、汚いときいて飲まない子といろいろ。みんなが飲んでると飲みたくなる日まで待てばいいかもね〜とおもい無理強いしません。蛇口からでてるものを信頼する習慣ってなかなかぬけないものですが五感で感じる感性を研ぎすますと自分のモノサシが見えてくると思っています。

04.jpg

まるやまのまわりの農家さんたちも大分田植えが進み早苗がそよそよ気持よい季節です。

05.jpg

さっそく水生昆虫の研究をしているゲンゴロウさんこと野村さんがトンボをつかまえて子ども達の目の前に。

06.jpg

こわごわ触る子、じーっと見つめる子、真剣なまなざし。びくびくっと動いた感触も印象に残ったかな。

07.jpg

サワガニも用水路にあるいていました。草をはさみでちょん切るかな?

08.jpg

モリアオガエルのムースの様な卵もちらほら。

09.jpg

金沢大学の伊藤先生の植物観察会では今回は木の花がいろいろ紹介されました。タニウツギは田植え花とよばれています。ビニールハウス等なかった時代この花が咲く頃田植え時期を知らせる花だったとか、ウツギは空木とかくのは茎が中空だから。山の中のフタギと言う白い花もきれいです。地味ではありますがイネ科やカヤツリグサの仲間もいろいろ花をつけています。

38.jpg

つぎにむかったのは「やまんばの森」まるやまのよこにある森の折れたり、枯れたりした木を整理して出してきます。身近な森を薪にして燃料として使うとどうなるのか身の丈のエネルギープロジェクト。まずは森への下草刈り。農林事務所の一郎さんとスタッフがせっせと草刈り。

610.jpg

森に倒れていた木を運び出し、伐って焚きもん小屋に備蓄します。焚きもん小屋作りについてはまた後日。先ほどの畑で出来た大豆で味噌を仕込むときの豆をゆでるのにこの燃料を使えるとガスを使わなくていいかもしれません。燃料まで地元産の調味料って素敵です。夏のうちに冬の燃料のことを考えて動くことこそ能登のおじいちゃんがしていることなのです。スローライフっていうけどスローと言うよりまめでしたたか。

611.jpg


暑い中ごくろうさまでした。おまちかねのオープンキッチン。

612.jpg


お料理担当のユミさんと私で用意したメニュー。

613.jpg

今日はあとでドイツの環境教育のお話しをさせていただくのでちょっぴりドイツ風もあります。



614.jpg


窓も全開にして青葉もたのしみます。

615.jpg


16.jpg
水ブキと若鶏とこんにゃくの煮物、右端のは冷たいじゃがいもスープ

17.jpg
こぼれ種のソバの酢みそあえ

18.jpg
さやえんどうとアスパラの炒め物

19.jpg
あじのムニエル

20.jpg
ミートローフ


21.jpg
ズッキーニのナムル


22.jpg
厚揚げとさやえんどうの煮物


23.jpg
ザワークラウト

24.jpg
あぜ豆の朴葉飯

25.jpg
ホウレンソウのゴマあえ

26.jpg
まるやま組の胡麻カイザー

27.jpg
本日のオープンキッチンプレート
野菜はほとんどユミさんのお宅の菜園からです。

28.jpg

食後にはこどもたちの happy birthday song とともにケーキの登場。一郎さん、ゲンゴロウさん、川本さんのお誕生日をお祝いします。

29.jpg

今日のベストショットはこちら。しあわせそうな人々。

30.jpg

ケーキはユミさん作のあぜ豆を使ったケーキと豆乳のクリームの詰められたシュークリーム。かざりには落合さんのポップが、わかる人にはわかるイラストでいろどられています。

31.jpg

ケーキを運んできた子ども達の髪飾りは畑のじゃがいもの花。普段はお芋ばかりに目が行きますが実は可愛いのになと思って調べているとマリーアントワネットも身につけたと言うお話しもあり。。。

マリーアントワネットの髪飾り

39.jpg

さあさ、切り分けるまで待っててね。こんなケーキってあるんやぁと感動する子ども達。

32.jpg

ほかにも清水さんのメープルシロップをきかせた滋味ゆたかなスマイルクッキー

33.jpg

金沢のたろうさんのおかしなども並びさながらスイーツバイキング。

34.jpg

絵本作家のあんこさんの森の木を見上げる女の子の原画。

35.jpg

野菜が夜中に動き出すキッチンの絵も壁に飾ってもらいました。

36.jpg


37.jpg

おやつをいただきながら去年の秋ドイツで見てきた森の幼稚園や、子ども向けの環境教育のドイツの事例をご紹介しました。すでに野遊びや森の幼稚園に係わっているお母さんもいらしたので何かのヒントに成れば嬉しいです。

40.jpg

玄関にはお持ち帰り用の間引きのソバを。
みなさまおつかれさまでした。