まるやま組

スポンサーサイト
--/--/--(--) | スポンサー広告 |Comment
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ニッポンのはずれが世界の中心に 其の二
2013/06/02(日) | 文化 |Comment
場所を我が家の下に移して、つづいてまるやま組の取組みの説明がはじまりました。とにかくひとがいっぱいです。

5:30:19

まるやま組は暮らしの目線で食や農、自然、伝統などなど分野の壁をこえて学びあう場所ですとパネルで説明。レーザーポインターならぬサステイナブルなポインターです。ポインターなかったので栗の枝を切り即席。

5:30:25

つづいて金沢大学の伊藤先生はいつもの植物観察会やモニタリングしてデータを日本自然保護協会をとおして環境省におくっていること、圃場整備する前のまるやまの様子や畔豆について話して下さいました。

5:30:22

谷川さん夫妻は耕作放棄地や畔を使った大豆栽培から醤油仕込み間での取組みをはなしてくれます。集落御用達のお醤油だけにばあちゃん達にもお馴染み。小学校の授業もからめて地域の風景と味をつなぐ調味料です。

5:30:24

市役所農林水産課の中前さんは特定外来種オオハンゴンソウの駆除の話を。毎年合宿に来ている東京農大の風景研というランドスケープを研究する学生さんと一緒に刈り取りをしてもらい、

5:30:27

刈り取った草を活かして染色家の落合紅さんが手ぬぐいを染めるワークショップをやってくれました。ひとの都合で外来生物になってしまったけれど植物の命をカタチに残したい、駆除することでまるやまの土地に根ざした風景を残そうと言うプロジェクトです。

5:30:28

毎月まるやま組で季節の食材を使ってつくって食べるオープンキッチンを担当のゆみさんは、耕作放棄地からうまれた雑穀クッキーの試食と販売もしました。

5:30:29

区長さん、霞ヶ関から来た農水省のお役人、農家のぜんべさんが試食のクッキーと野草のお茶をもってまわるとみなさんおいしいと言っていただけて、30缶のクッキーをおかいあげいただきました。オオハンゴンソウの手ぬぐいや草木染めの商品もご紹介しました。

5:30:23

こうしてあらためて、まるやま組に係わる皆さんの多彩なこと、つながり感にわくわくします。里山と言う自然と伝統のあるところに人の輪がもう一つ重なり楽しいことになっています。

5:30:30

つづいて一行はまるやまを目指します。合間合間に集落のばあちゃん、じいちゃんもあるきます。ペルーの人も、中国の人も、霞ヶ関の人も、大学の先生も、田んぼの中をゆるゆると。

5:30:32

飛び交う英語、スペイン語、中国語、能登のことば。テレビカメラもまわるまわる。

5:30:34

いつものようで、いつもとちがうまるやま。

5:30:33