まるやま組

スポンサーサイト
--/--/--(--) | スポンサー広告 |Comment
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9月のまるやま組
2012/09/04(火) | 学び |Comment
残暑厳しい毎日ですが皆さんお元気ですか?
まるやまは金色の稲穂でひかりかがやいています。赤とんぼが羽を透かせて横切っていきます。

090404.jpg

里山の植物達もとりどりに花を咲かせる季節です。

今月のまるやま組の活動は、うつろう秋の植物観察に加え、特別企画で手ぬぐいを染めるワークショップをおこないます。(どちらか選択となります。)

日時:  9月9日(日) 午前9:00〜午後2:00
内容:  植物観察 or 染め物WS、大豆、雑穀手入れ
     オープンキッチン(菜園のなごりの夏野菜を使ってごはん。差し入れ歓迎です。)
定員:  30人(うち染色WSは先着14名、要予約)
持ち物: まるやま組あるき札(必携!)、長靴、軍手、汚れてもよい服装、タオル、帽子、飲み物、クレヨンや色鉛筆など(白地図希望者)、暑さ対策お忘れなく!
費用:  会費 個人3,000円/年、家族5,000円/年、ビジター大人1,000円/回、ビジター子供500円/回
     オープンキッチン 大人800円、小学生以下500円
申込み: 9月6日(金)までにeメール notomaruyama@gmail.com か電話 0768-26-1668 に連絡下さい
お願い: 車は出来るだけ乗り合わせて、駐車の際は農業の方の迷惑にならないようお願いします。稲刈りも始まってます。
ご注意: 10月のまるやま組は 10/7に変更させていただきます(当初は10/14の予定でした)。 11/11, 12/9アエノコ ト,
2/24アエノコト。

植物はすっかり秋。アキノキリンソウ、アキノタムラソウ、アキカラマツ、オトコエシ、ツリガネニンジン、ハギ、ゲンノショウコ(赤、白)やヒヨドリバナ 、フジバカマ、アカバナなどの花がみられます。木々にはシバグリのいがもおおきくなってきました。和のヘーゼルナッツ・ツノハシバミ、サルトリイバラも実っ ています。


090403.jpg

090402.jpg

090401.jpg


染色WSは、8月末、東京農大の学生さんに刈り取っていただいた特定外来生物オオハンゴンソウをつかって染織家、落合紅さんといっしょに手ぬぐいを染めてみたいと思います。

090406.jpg

090407.jpg

染めるという事を通してまるやまの風景の事いっしょに考えていただけたらと思います。(染め物WSは先着14名、予約して下さい。)

090408.jpg

ワークショップ参加者 は、植物調査やまるやまあるきには時間の空いたときだけ参加していただきます。
染色WS参加者以外の方は、通常のまるやま組同様、秋の植物やいきものを観察しながらまるやまを歩き、時間のある範囲で畔豆や雑穀の畑の作業の お手伝いなどを予定しています。

090405.jpg

オープンキッチンは全員で一緒に用意して食べる予定です。菜園でとれたナス、ジャガイモを中心に。集落のおばあちゃんが種取りをしてきたババウリもでる かもしれません!おたのしみに。

ご希望の方には、まるやま組グループメーリングリストの招待状もお送りさせていただきます。


To friends of Maruyama-gumi

Hope you are surviving well in still hot and maggy days. Here in
Maruyama area in Mii, Noto, rice field is shining with golden rice crops.
Red dragonflies start flying. Wild flowers are ready for blooming in
various colors. In this month, we are planning natural dyeing workshop in
addition to the monthly Maruyama survey walk & openkitchen as written below.
Please come to join us.

Date & Time: September 9th, Sunday, from 9:00am to 2:00pm

Capacity: 30 people.(including dyeing workshop 14 people)

Event: Maruyama survey walk, Dyieng Workshop, Caring bean & vegitable
field, Openkitchen (cook&dine local seasonal food, also welcome your
recipes and food)

What to bring: Maruyama Stamp Card (if you have joined before), long
boots, grabs, casual clothing for walking, towels, cap or hat, drinks for
walking. Please prepare enough against heat.

Entry fee: 3,000yen for individual membership/year, 5,000yen for a
family membership/year, 1,000yen for adult visitor, 500yen for kids’ visitor
(up to 6th grade)
Fee for Open Kitchen/Lunch: 800yen for adult, 500yen for kids (up to 6th grade)

RSVP: by September 6th, Friday via e-mail to notomaruyama@gmail.com, or call to 0768-26-1668.

Future Schedule: 9/9, 10/7(changed from 10/14), 11/11, 12/9aenokoto,
2/24aenokoto

In the dyeing workshop, we will dye tenugui, hand towel, with yellow
flowers we cut last week with students fron Tokyo University of Agriculture,
because that flower has a possibility to change the biodiversity in Maruyanma
area.
We are inviting a dyeing artist, Ms. Kou Ochiai as an instructor.
Only 14 people can join the workshop, sorry. People not joining workshop can
see plants and walk same as usual.

In the openkitchen, we will cook eggplants, potatos from Maruyama
field. We may taste local a kind of meron called baba(granma)-uri .

Please take care of yourself and enjoy the coming fall season.