まるやま組

スポンサーサイト
--/--/--(--) | スポンサー広告 |Comment
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なぁんだ 能登からまわってたんだ・・・
2010/12/20(月) | 文化 |Comment
cop10board

国際生物多様性年の〆。COP10 クロージングイベントが金沢で昨日おこなわれました。

これから先いまのままの暮らしをつづけると地球がいくつあってもたりない。
世界中の国々でいまどのくらいの種類の生き物がいて、
これからみんながどんなふうにつながりながら行きて行けば良いのか?

をいろいろなところで、いろいろなひとが考えた1年でした。

金沢大学の里山里海プロジェクトでは能登半島を拠点として
さまざまな人の想いがカタチになった取組みが行われていることをアピールするため、
大きな能登半島のある黒板を作り、周囲にそれぞれの取組みをまあるいコマに仕立てて、
来場者に手に取って読んだり、コマとして回してもらったりする展示をしました。

まるいdisc状のコマの中心には地球ビー玉がはめこまれ、
表には、研究者の方々が撮られた美しい生き物の写真などがあり、
裏面にはそれぞれの取組みの紹介が日本語と英語で書かれています。

それぞれの取組みがくるくる回ると能登半島を中心に日本がくるくる回り出す。
世界が回り出すかもしれません。
会場では皆さんが身近に取り組めることや絵をかいていただき、
自分だけのコマをつくってまわしていただきました。

cop10kids

いち早く集まるこども達。いろんな色かたち、線や点など本当に独創的。
若いお父さんやおかあさんにこそ伝えたい里山里海プロジェクトのメッセージ
能登から身近な金沢という町でお伝えする機会があって幸いです。

そんな中まるやま組に参加したいと言うひとも何人か連絡先をお渡しできました。
楽しみがまた増えています。