まるやま組

スポンサーサイト
--/--/--(--) | スポンサー広告 |Comment
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
草刈り
2012/05/22(火) | くらしつなぐ |Comment
今朝ゴミを出しに家のしたまで来ると我が家の畑のふちを集落のおじいちゃんが草刈りをしてくれている様子が目に入りました。多分自分の田んぼのついでにという事なのでしょうが、私たちがもう少し早くやるべきところだったので、『うわ、まずい!』と慌てて夫を呼びにいくもシャワーに入っていました。

05:22:8

待ってる訳にも行かないので草刈り機を持って出かけましたが、真横に行って今更そこやりますと割って入るのもぶすいなので、そこはお願いする事にして集落の皆さんが飲む水飲み場のふち等から刈り始めました。

急いでいたのでいつも夫が使っている肩掛けヒモの調節をせず刈っていたので、ずり落ちる草刈り機をへっぴり腰で支えてかっていました。30分程してふと後ろを振り返ると数名のおばあちゃん達が大笑い。私が草刈りしてる!へっぴり腰で!!刈ったところもヘタクソ!!!というので皆さん大受け。指差したり、手を叩いたりして。あげくの果てに携帯で写真まで撮ってるし。完全にいつもと立場逆転。きっとインターネットより早く集落中に知れ渡るだろうな、私の草刈り。

05:22:7

草の間からは野ネズミも顔を出しました。今年は笹の花が咲き、実がなるとネズミが食べに来て、そういう年は山にマムシが多いとききました。以前夫がマムシに噛まれて危ない目にあったし、草刈りは大事です。下手でもね。

05:22:6

そうこうしているうちに友達がきて、毎日精米して出るぬかの利用方法について話していたらコンポストにすればといっていました。以前段ボールコンポストというのがはやってやっていましたが、台所から土間をまわって段ボールコンポストに入れにいくというのがおっくうで、次第に面倒になりやめてしまいました。だから台所の精米機の横のデッキに出てすぐ米缶をおいて、そこに日々の米糠や残菜を入れて混ぜればよいと楽!とおもいやってみることにしました。

コンポストの作り方

05:22:5

さっき草刈りしたものをひろってきました。スギナが多かった部分です。スギナはあまり栄養がなさそうに見えます。でもせっかくそこにあったので使ってみる事に。1.5mくらいの直径の円にひろげます。

05:22:4

デッキの周辺につもっていたコナラ等の落ち葉。時々小枝も混ざってます。草の上に落ち葉を重ねます。

05:22:3

冬中缶に入れてとっておいた薪ストーブの灰をぱらぱら。鶏糞もぱらぱら。

05:22:2

じょうろで水をかけようと思っていたら、緑のカーテンを作っていた夫が通りかかったので手伝ってもらいました。何を手伝ったかはご想像に任せます。

まるく層になった落ち葉や草、鶏糞、灰などをレークで切り返してまぜていきます。米缶のしたのところを空気孔にあけて、デッキの横におきました。このやり方で堆肥が出来ると落ち葉も片付くし、薪ストーブの灰も使えるし、草刈りの草も役に立つので本当にいいのですが果たしてうまくいくのやら。とりあえず雪が降る前までどうなるか実験していこうと思います。

05:22:1