まるやま組

スポンサーサイト
--/--/--(--) | スポンサー広告 |Comment
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
通学路
2012/04/10(火) | |Comment
今朝から小2の娘をバス停まで送りがてら運動不足解消にあるくことに。25分程の道のりはついこの間まで雪に埋もれていたのです。色々な種類のヤナギが湿気の多いところで芽吹いています。ネコヤナギってかわいいなと思っていたのですが、実は耕せなくなって荒れてしまった田んぼに生えてくるのです。最初にクズ等がはびこり、放っておくとススキなどに占拠され、ヤナギがはえ、ネムノキなんかも生えてきます。集落の人びとにとって悲しい光景なのだと思います。もうすぐしたらきれいに見えるフジの花も同じように手入れの行き届かない山の象徴なのです。

4:10:7

さて、子供とバス停で別れてからさっさと歩くはずが色々な物に出会い、ついついたちどまっては写真撮影、観察。

4:10:8

山水がしみ出すところには山椒魚のたまご。この間から行方不明だったのですがちゃんといました。春らららの芹のごはんの芹はここの水辺から『ちょっと芹をちょうだいね~』とサンショウウオに声をかけてもらっていたのです。

4:10:5

くるくるとねじれたコイル状の寒天の様な卵のうにつつまれて既に細長くなった、サンショウウオがたくさんみえます。

4:10:4

枯れ草の間からはスミレも顔を出し、

4:10:3

朝露を受けたコケ。

4:10:2

毛むくじゃらの蛾。
本当に不思議な色と形。週末の観察会が待ち遠しいです。

4:10:1