まるやま組

スポンサーサイト
--/--/--(--) | スポンサー広告 |Comment
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
春ららら、完売御礼。
2012/04/09(月) | 経済 |Comment
昨日金沢のしいのき迎賓館横で行われた春ららら市に参加してきました。前日は雪や風の大荒れの天気でしたがまるやま組の参加した昨日は好天で沢山のお客様に出会う事ができました。

春ららら3

今回はメインが一年間栽培した畔豆の大豆を使ったあぜ豆生落雁。

春ららら11

今回はばら売り、箱入りは2個、3個、5個入りをご用意しました。

春ららら12

販売促進にはまるやま組の特製あぜ豆生落雁Tシャツ。久米繊維工業さんのオーガニックの国産Tシャツです。

春ららら9

シルクスクリーンでひとつ型をおこして子供から大人まで歩く宣伝塔になってもらいました。結構目立ったみたいでTシャツを売ってほしいと言われましたがスタッフオンリーです。あしからず。。。

春ららら8

久米繊維のオーガニックTシャツ

春ららら4

さっそくお客様から嬉しいメールをいただきました。

『待ちきれずに友人とひなたぼっこしながら食べました。
素朴でやさしくて、でもしっかりと甘くて、一口目からほろほろ一緒に目から鱗が出てくるようでした。
自分の勝手なイメージですけど、格式張ったお茶室でお抹茶とというより、日の当たる縁側で濃い棒茶といただきたい、ほっこりと幸せな気分になるお菓子でした。』

まるやま組で豆が育つ様子を全てのシーンで見て来て、それを伝える事を試みて、直接お客様からの反応をもらえるってすごくラッキーな事だと、豊かな事だとひしひしと思いました。ありがとうございます。限定100個完売いたしました。

春ららら5

あぜ豆最中はお昼がまわってから急激に人が集まり、スタッフ総出であんこを盛付け、お茶をいれてと大忙し。おそらく種亀さんの最中皮は金沢初、香ばしさが群を抜いていると思います。リピーターで買いに来て下さる方も何人もいらっしゃいました。ブリキのガラスケースのふたを開け閉めするうちに150個完売。

春ららら7

みなさん、まるやま組はどこのお菓子屋さんですかと聞かれるので、いえいえ里山でこんな活動やってます、とかあんな活動もしてましたとか、写真集をみていただきながらお話しします。それにしてもみなさんに買って下さいとか、おいしいですよー、とか宣伝しなくても、色々質問されたり、こちらの想いを汲んでくれる様なベースのあるひとたちが集まって来ている春ららら市だなとおもいました。

春ららら6

最後のメニューはまるやま組オープンキッチンから季節のごはんをお届けしました。あぜ豆と芹のお寿司とふきのとうみそと玄米のごはん。

春ららら16

春の香りいっぱいのふきのとうと自家製の杉樽で仕込んだ味噌で作ったお味噌。笹はやっと雪解けした下から出て来たのでちょっとくしゃっとしてますが、ひとくちごはんにぴったり。まるやまのまわりで摘んできます。せりも
山水が湧き出たきれいな水源で摘み取ります。

春ららら15

ごはんもまるやまのまわりの物を玄米のまま、もちもちに炊き上げたら、かに穴が開いてます。

春ららら14

おこげも愛嬌という事で、せっせと笹に包んで巻きます。どんどんつくるとままごとみたいで楽しい。

春ららら13

型の中に並べて重しをかけます。

春ららら10

こういうイベントの時にはみんなあちこちで、ちょこちょこ、あれこれ食べたいもの。50食のみの提供でしたがこれも完売。春の味お届け出来たでしょうか?

なんとなく、金沢のマチの人たちはまるやまのような里山にあるモノに関心ありそうな感触を得た一日でした。
まるやま組にも食を通じて遊びに来ていただけたらいいなとお待ちしております。