まるやま組

スポンサーサイト
--/--/--(--) | スポンサー広告 |Comment
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホクリクサンショウウオ観察会
2012/02/12(日) | 経済 |Comment
サンショウウオ2

4年程前の3月14日に前に住んでいた仮住まいの家のうらの湧き水にいたホクリクサンショウウオです。同じ年の1月4日に見た時には小さな黒い子どもだけだったのにこの日は大きいのがいました。ちょっと赤っぽくてつがいでしょうか?

絶滅危惧種

サンショウウオ1

モノサシを横に置いたら10センチは超えている感じだったのを覚えています。毎日このホクリクサンショウウオのいるところからあふれ出た水が家にひかれていて飲んでいました。ウーパー水と呼んでいました。だから元気に過ごせていたのかも。。

集落の人はホクリクサンショウウオは山に住んでいて春先産卵してまた山を登ってかえって行くといわれていました。この写真を見る限り周囲に雪も残っていて、たしか大雪の年だったので産卵も遅れたのかと思います。

近々、同じ三井でホクリクサンショウウオの観察会が開かれるそうです。
いしかわ自然学校インストラクターの細谷さんからのおさそいです。
まだ雪深いので出会えるかどうかはわかりませんが
みぢかな珍しいいきもののお話しが聞けると思います。

ホクリクサンショウウオ学習会(見学会)

日時 2月19日(日)10:00~11:30
集合場所 健康の森総合交流センター
対象 小学生とその保護者(または代理)
内容 ホクリクサンショウウオと能登の里山

※途中、現地見学へ出ますので、保護者(または代理)の方も
 ご一緒に参加ください。

事前申込不要ですが、資料の部数準備のため、
下記アドレスへ、代表者氏名及び人数を書いて
参加希望のメールをいただけると助かります。


参加希望送付先アドレス
noto.hoshizora@gmail.com

担当:細谷樹史
(能登里山マイスター(2期生)・いしかわ自然学校インストラクター)
携帯電話:080-3744-3634