まるやま組

スポンサーサイト
--/--/--(--) | スポンサー広告 |Comment
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
味噌樽洗う。
2012/01/18(水) | 世界 |Comment
去年の一月のおわり子ども達と仕込んだお味噌が出来ました。

去年の味噌仕込み

味噌豆9

重しと蓋をとると溜まりのような上澄みがあり、おたまですくってお味噌を取り出しました。夏に表面のカビを取って重しをかけておいたのがよかったのか見るからによい感じがしています。

味噌豆8

土間に差し込んで来た冬の日差しにこっくりとした黄色が、しずかな冴えた空気に印象的です。春も近いような晴れ晴れした気分です。

味噌豆7

上澄みはたれやドレッシングに使ってみようととっておきました。豚汁にお味噌がわりに入れたらあっさりしているのにコクがあるお味噌汁になりました。自分でつくったから安心安全とか、実際美味しいというのもあるけれど
じんわり豊かさが広がって行く気がするのです。これで一年間おみそは大丈夫と言う保証みたいな。冬の前に薪がたっぷりあるとかそんなことに、ゆたかさを感じます。

味噌豆4

この一年時間をかけて出来上がったお味噌ほど私は成長していないけれど、縁あって今年は自分たちの手でみんなと作った大豆でお味噌を仕込む事ができます。

明後日味噌時込みに向けて樽を洗います。樽の中には屋根雪が映り込んでいます。小ぶりのたわしでこすっていると、ふんわりお味噌のにおいがしています。たんぱく質のせいか手もしっとりしました。東京は乾燥注意報がでているとのこと、発酵王国能登から両親にお味噌送ろうかなと思います。