まるやま組

スポンサーサイト
--/--/--(--) | スポンサー広告 |Comment
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もどしています
2010/12/10(金) | |Comment
もどしています

ここのところアエノコトごはんのことばかり。
塩漬けのわらびゼンマイは沸騰したお湯にいれて湯がきます。
銅のやかんの蓋も一緒に入れました。発色を良くします。
それでも色が悪いなーと思っていたら、そういえば紫のわらびだったとおもいだします。

枯れすすきの間から赤ちゃんみたいな産毛に包まれた緑色のわらびをみつけた時の
春の匂いも一緒におもいだします。茎を手折る時のぽきっとした感触。

雨上がりのしっとりした森の匂い。ひっそりと凛々しくたってる一本しめじ。
枝をかき分けどんどん山へはいって行く高揚感。

保存食って塩抜きとか戻すのが面倒と言う人もいるけれど
食材としてはもちろんのこと
季節のきもちも一緒に戻してくれるのかもしれません。
これは残念ですがお取り寄せや、ネットでは手に入らない
その土地、その人ならではの愉しみです。

鉛色の空に押しつぶされそうな能登の冬も
こうやって春を想いながらなら越せるかも。