まるやま組

スポンサーサイト
--/--/--(--) | スポンサー広告 |Comment
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
秋の一日
2011/10/02(日) | 世界 |Comment
金沢の町中に住んでいる知人からお手紙が届きました。何だか毎日バタバタ過ごしている最近の日々。封筒に貼られたいろとりどりの切手が美術館の絵をみて歩いているようで気持を和ませてくれました。中身もまちの魅力的なチラシやパンフレットなどがいっぱいでした。お返しに森のきれいな葉っぱや木の実をお送りしようと思います。なんだか町のネズミと田舎のネズミのお話しみたいでわくわくします。

手紙

まるやまをあるくと木の実もいっぱい。このあいだ金沢大学の伊藤先生に教えていただいたツノハシバミをとりに行きました。つののように長いものがついたサヤのぶぶんには細かい毛が生えていてうっかりさわるといつまでもチクチクといたいので要注意です。これは日本の在来種でこのあたりにはよく見られますがいままできがつきませんでした。アメリカにいたときはチョコレートなんかによくヘーゼルナッツが入っていたのを食べた事ありましたが同じ種類のみなのです。家の回りでヘーゼルナッツがひろえるなんて何だか幸せなきぶんです。

ツノハシバミ

ツノハシバミ

たしかに図鑑で花を見ると春先こういう形状の花はそこここで見る気がします。とにかく剥いてフライパンで炒ってみました。香ばしくて、マカダミアンナッツのように軽い食感です。横にあるのは一緒に拾ったシバグリと緑のカーテンについたチュラウリの実。

ちゅらうり

今日はいろいろ届け物がくる日で夫の母からぶどうがつきました。ブドウももちろんおいしそうですがはこについているフォントが気になります。かわいい!またこの段ボールに印刷されたフレキソっぽい滲んでぶれたような効果があいまってぶどうのイメージにぴったり。こういう名もなき(あるのかも)デザインをされてる人って素敵と思います。

ぶどうの箱

さてさて拾ったシバグリはゆでて麻ひもに通して干してカチグリを作ります。ちょっと秋の気配の空気を吸いながら温かい栗の皮にぷつぷつ針で通してゆくと、ほのかに野生の栗のにおいが漂うのです。そういう感覚が小さいうちに記憶の底にたまると良いなとおもいます。

しばくり2

さてさてできたらさっきのお手紙の返事を書いて栗もいっしょにいれよう!

しばくり

こんなにゆっくりとした日にはこげたお鍋やフライパンなんかも薪ストーブシーズンの前に灰をかき出してていれをしたりします。忙しくてわさわさしたときほど身の回りの事じっくりすると落ち着きを取り戻すのかもしれません。

こげフライパン