まるやま組

スポンサーサイト
--/--/--(--) | スポンサー広告 |Comment
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11月のまるやま組
2013/11/17(日) | エネルギー |Comment
01_20131116233817591.jpg

あいにくの雨の中にもかかわらず子ども連れの若いお母さんの参加が目立ちます。今月は身近なエネルギーについて考えてみようということで

02_2013111623381818d.jpg

まるやまのまわりの雑木林で倒れていた木の整備をして運んだものをチェーンソーで伐って見たり

03_20131116233819780.jpg

子ども達は柴刈りをしてもらうはずでしたが雨で濡れては着火しないのであらかじめスタッフが集めておいた枝などをロケットストーブの焚き口にはいる大きさに折ってもらいます。

04_201311162338212ea.jpg

雨がすこし弱くなったところを見計らって秋のいろいろな色と形の落ち葉探しに出かけます。

16_20131116233952df5.jpg

15_20131116233950335.jpg

風も強かったけれど子ども達は沢山発見してくれました。とちゅうひとりのお母さんが雨でもちゃんと装備をして子どもを歩かせたいといってくれたので勇気づけられました。東京農業大学の栗田先生と伊藤先生による葉っぱの解説。

05_20131116233822658.jpg

部屋に戻ってちょっとあたたまったところで火のお話しをすこし。
里山の植物をつかって火熾しができることや火と人のかかわりの変遷についてみていただきました。

06_20131116233911760.jpg

緑色のはオヤマボクチ、茶色はゼンマイ、白いのはガマの繊維を使って火花の火を育てる火口(ホクチ)とよばれるもの。

09_201311162339143ee.jpg

子ども達は興味津々。

10_20131116233915dcd.jpg

食いつく食いつく。

11_201311162339161f5.jpg

ほら、火ってつくれるんだ。

12_20131116233946faf.jpg

小さな火からそだてていくんだね。スイッチひとつじゃないことを知る。

13_20131116233947cf4.jpg

もちろん危険はあるけれど、どれくらい危なくてどれくらい大切か身体で知ったなら
きっと安全に使いこなしてくれるでしょう。それを見守るお母さん。

14_201311162339493f8.jpg

火のある暮らしについては近日発行の自然人に書かせていただいたので又ご覧下さい。
雑誌 自然人

17_20131116234027707.jpg

さぁ、子ども達が自分で火を作ったところであんこちゃんによる絵本の読み聞かせ。
今日はのねずみのぐりとぐらが大きな卵でカステラを焼いてしまうと言う有名なあのはなし。

18_20131116234028b42.jpg

そして用意されていたのは大きなリュックサックとフライパン、ボールに粉に、バターに。。。

19_201311162340296b2.jpg

おおきなたまご!!だちょうのたまご1.2kgです。にわとりのたまご24コ分。これでも小さい方らしいです。

20_20131116234031b2b.jpg

さっそく割ってみましょう。みんな見たいよね〜。お母さんと子ども達はかすてらの担当。

21_201311162341231e5.jpg

その他のおとなはオープンキッチンでお昼のごはんを作ります。
おむすびを作るひと、

22_20131116234124571.jpg

のり巻きをまいたり、あえものなどなどじゃんじゃん作ります。

23_20131116234126ec7.jpg

外は雨ですが中は熱気が。。

24_20131116234127f6a.jpg

デッキではせいろに酒粕を使ったおまんじゅうも蒸しましたよ。

25_20131116234129ccc.jpg

自然栽培の新井さんのおくさんの博美さんがマクロビオティックのおかずを色々作ってくれています。

26_2013111623420628d.jpg

能登杜氏の奥さんのあゆみさんは持参の酒粕で和え衣をつくってくれたり

27_20131116234207e36.jpg

おとなもこどもも普通に会話がはずみます。ふだんあんまり会話しない様な相手ともなぜだか。。

28_20131116234209a6a.jpg

外では香ばしい匂いがしてきましたよ。

29_201311162342104a3.jpg

おまちかね11月のまるやま組のメニューです。ほんとはもう少しありましたが書き忘れました。

30_20131116234211286.jpg

いただきま〜す。

31_20131116234234582.jpg

大根菜と海苔の組み合せが新鮮。

32_2013111623423620b.jpg

ふかしたてを食卓へ。

34_20131116234238eb3.jpg

南瓜のヘタを入れて煮ると薬効がアップするらしい。小豆はまるやま組新もの!

35_20131116234240ccb.jpg

壬生菜もまるやま組畑から。

36_20131116234324d46.jpg

こちらも間引きの大根ステーキ。蒸して焼くのがポイントだそう。

37_2013111623432652e.jpg

乳製品無しのポタージュ。

38_20131116234327c72.jpg

粕の濃厚な旨味。

39_20131116234328706.jpg

アイスクリームの様ないろですが赤大根となめこ。お酢を垂らすと鮮やかに発色。

40_20131116234330211.jpg

まるやま組さらしあんとバターがバケットにぴったり。

41_20131116234356db0.jpg

りんごのタルト。バター不使用とはおもえないのです。

42.jpg

いまここだけの至福のワンプレート。食品の偽装が流行ってる都会ではかんがえられないことですね。

44.jpg

そしてお約束のぐりとぐらのたまごの殻の使い道。まるやま組のこどもたちは照明にしてしまいましたよ!

45.jpg

この柔らかい光のようにみなさま暖かい冬をおむかえください。