まるやま組

スポンサーサイト
--/--/--(--) | スポンサー広告 |Comment
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まるやま組night
2013/07/15(月) | くらしつなぐ |Comment
7月のまるやま組はいつもとちがって夕方から。毎年炎天下で日陰もないこの季節夕涼みがてらみなさんが集まって来てくれました。



夏休みを待ちきれないように子ども達がいっぱい。金沢や遠くは京都からも!毎年この季節はすぐにいっぱいになってしまいます。(お申し込みいただきましたが参加いただけなかったかたがたごめんなさい。)

jul2.jpg

前日からのぐずついた天気をものともせず、いまであったばかりの子ども達、早速カタツムリをみつけました。

jul3.jpg

畦の草を解説して下さる伊藤先生。カラスビシャクというちょっとぶきみな草。

カラスビシャク

jul4.jpg

普段は静かな里山がにぎやかです。

jul7.jpg

水生昆虫の専門家の野村さんはトレードマークの網でトンボをすくったり、タモ網でたんぼを掬ってコオイムシをみつけてみせてくれます。

コオイムシ

jul5.jpg

jul6.jpg

イヌザンショの木には毎年この時期ヒョウモンチョウの仲間がむれています。豹柄だからこんな名前なんですって。

jui31.jpg

はじめて口にする野いちごの味はちょっと酸っぱかったかもしれません。

jul9.jpg

ナワシロイチゴ

jul10.jpg

セミの抜け殻はよく目にしますが、抜け殻になる前の幼虫。動いてる抜け殻(笑)を見たことあるひとはすくないですね。今夜羽化する為に穴から出て来たばかりでしょう。

jul11.jpg

ホソミオツネントンボという青いトンボのまだ今年生まれたとんぼは色が茶色い。年越しするから細身越年と書くらしいです。漢字でみると聞き慣れない、いきものの名前もなるほどと思います。

ホソミオツネントンボ

jul13.jpg

まるやま組がはじめての青年も、勝手知ったりの幼児も、みんな歩きます。

jul14.jpg

梅雨明け間近のまるやま。自然栽培でつくられている新井さんの田んぼもどんどん成長しています。この生き物の多さが安心感をあたえてくれます。

jul16.jpg

向こうの梢にいる尾羽をぐるぐるまわしてじぇじぇじぇ〜とはやりの鳴き声の鳥はモズ。といしかわ自然学校の木谷さんが教えて下さいました。

jul15.jpg

田んぼの向こうには野うさぎも顔を出します。結構大きいうさぎです。この時期イネや大豆の新芽をかじりに来ます。

jul32.jpg

jul30.jpg


ネムの花咲き乱れ。夕暮れ近くなりオープンキッチンの時間です。

jul19.jpg

ゆみさんが畑の旬の野菜を中心にまるやま組の晩ご飯です。

jul20.jpg

小はちめとズッキーニの南蛮漬け。

jul21.jpg

茄子とひき肉のトマト重ね煮。

jul24.jpg

外もだいぶ暗くなってきました。

jul33.jpg

まるやま組の畑で刈り取った小麦の茎を使ってつくったストローで麦茶を飲む子ども達。おとなは自家製ジンジャーエールとプラムのソーダを。

jul22.jpg

こちらも畑の雑穀をふんだんにつかったテーブルロール。

jul23.jpg

皮もついたまま、丸ごとの人参、玉ねぎやじゃがいものオーブン焼き。

jul25.jpg

デザートはサプライズで我が家の3人女子のバースデーにと野いちごたっぷりのロールケーキ。ゆみさんが焼いてる間にご主人の覚さんが野いちごを摘んで来てくれたそう。(ありがとうございます!)

jul26.jpg

毎回待ちきれない子ども達がかわいい。食後にホタルを見に再び外へ。ピークは過ぎたもののヘイケボタルがとびかう夜の田んぼにこどもたちも眠気はどこへやら。

jul27.jpg

最後は家に張っておいた白布に集まる夏の虫を野村さんに解説していただきました。セミやコガネムシ等の甲虫達があつまってきていました。

jul28.jpg

まるやま組night。たくさんの夏の生き物の達が力強く息づいていることを感じさせてくれました。こどもたちに伝え、残して行きたいものですね。
そしていろんな人たちがつながって、ここで季節の味を味わえることにあらためて豊かさを感じずにはいられないのでした。

みなさまお疲れさまでした。