まるやま組

スポンサーサイト
--/--/--(--) | スポンサー広告 |Comment
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あぜ豆植う。
2012/06/30(土) | 文化 |Comment
今年もまるやま組の大豆栽培プロジェクトが始まりました。題して『あぜ豆から始める明日のニッポンの素』農林水産省採択の事業です。



里山の休耕田を昨年みんなで開墾したり、過疎の集落のはずれの田んぼの畔、というちっぽけな場所から、豆というちいさな希望の種をまき育てようという取組みなのです。ご存知の通り豆は日本の食卓をいろいろな姿形を変えて彩るものだから。味噌、醤油、納豆、きなこ、、。

06307.jpg

去年とれた豆で苗を作って持って来てもらいました。去年の恵みが今年の命に繋がることも感じてもらえたかな。理科の発芽の勉強も朝顔でなくてもできるのです。

06305.jpg

まるやまの周りにある初夏の花を集めて五感で感じてみました。せっかくこんな自然の中にいるのだからアタマで覚えることは横に置いておいて。かじったり、なめたり、ほおにつけたり。

06306.jpg

苦いからニガナ、

06303.jpg

酸っぱいからスイバ、

06304.jpg

顔を剃るカミソリみたいにざらざらだからコウゾリナ。そんなふうに話しかけるとそれはもう顔つきが変わってきます。

06302.jpg

昔農家さんは毎年春先に田んぼの畔を泥で塗り固めて修理をすることを畔塗りと言いました。モグラや雪のために水が漏れたりしたところを繕う様にクワで泥をすくって塗る重労働でした。そのことで毎年そこで豆を作っても連作にならずに良い豆もとれました。また根っこが地を固め、養分もあたえてくれるので稲作にも都合が良かったので畔豆といって豆は畔で作り、味噌や醤油、豆餅にと利用してきました。今では田んぼも耕地整理され広くなり畔を利用することもなくなりました。

まるやまの新井さんの自然栽培の畔をお借りしてあぜ豆を植えます。能登では今でもほとんどの家庭が地元の醸造所の醤油を使い続けています。集落では谷川醸造のサクラ醤油を使う家が大半です。しかしながら最近では地元の原料を使うことは困難な様子です。まるやまのまわりが豆の産地になれば地の醤油をつくることができますし、何より地元の子ども達の毎日のごはんもきっと変わってくるでしょう。そんなところが目に見えたり、手で触れたりできれば学びになるかなと思っています。

06301.jpg

学校に帰ってゆく山間のバスを見送りながら、じっくり地に足つけて巣立っていけよ~と思うのでした。そして大人達もこどもに、どうにかこの土地をあきらめない、自分をあきらめないで泥まみれになってる様子をみせることも大事かなと考えたりもするのでした。