まるやま組

スポンサーサイト
--/--/--(--) | スポンサー広告 |Comment
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
町工場と博士
2012/05/15(火) | 景観 |Comment
この間からまるやま組の植物観察会で伊藤先生とわたしがぶら下げているなにやら大きな缶かん。これは胴籃(どうらん)という植物採集をする時にとった植物を入れて持ち歩くブリキ製の入れ物です。

5:14:6

去年までは集めた植物をビニール袋に入れて持ち歩いていましたが、暑い季節になると傷んだり、しおれたりしてしまいました。そこで昔はどうしていたのかなと考えていて思い出したのがムーミンにでてくるヘムレンさんという植物学者のもっていたバッグがあった事。そこで検索をすると今ではあまり使われず、丈夫なものは作られていないとの事。

めげずに検索を続けるとかの有名な植物学者牧野富太郎博士の愛用していた胴乱の画像が見つかりました。東京の練馬区にある練馬区立牧野記念庭園の展示の箱の中です。

牧野式胴乱

特注と書いてあるから、作れるはず!うちを作る時お願いした板金屋さんにお願いしよう。

さっそく厚かましくも記念館にメールを書いて、胴乱の詳細についてお訪ねすると、即お返事がいただけたのです。それも胴乱を開けたり、裏向けにしたりと詳細の写真を貼付して下さり、そのうえ胴乱について牧野自身が記述した文献のPDF、さらにむかし博士と採集に同行した事のある方の胴乱の作りにまつわるエピソードまで。

文献は『趣味の植物採集』という三省堂から昭和11年に発行されたもの。

5:14:21

13ページから17ページにかけて、胴乱について詳しく書かれている。上野にある上野科学社と言うメーカーに作らせていると書いてあったので検索すると、何とまだそのお店はありました。でも残念ながらもう作ってないそうです。なおさら作らなければと思い。今度は古本屋のサイトで『趣味の植物採集』を検索すると全国で3冊程ヒット。そして何と最安値が金沢の古本屋さんにありました。翌日には私の手元にきていました。

DSC_0367.jpg

輪島の塩山板金さんに写真をメールして、本を手に打ち合わせにいってしばらくして試作品を見に来いと連絡をいただきました。塩山さんの会社では職人魂を持った板金仕事を目指して熱く仕事をしておられるので、冬雪の多い時期仕事の合間に製作していただけることになりました。

能登輪島 塩山板金

構造的には牧野式胴乱にならっていますが、金物のなかった頃の留め金部分やヒンジは当時のままでは耐久性も良くないので丈夫な既製品に変えています。単に復刻を目指しているのでなく使用する為に作ってもらうので。

胴乱5

そして出来たのがこちら。

5:14:3

5:14:2

扉がふたつあるものは小さな草花と長めの草花を入れる為に2室になっています。長手の方の幅がちょうど標本の台紙の大きさA3サイズの長さと同じです。

5:14:1

かくしてまるやま組の植物調査に胴乱がやってきたのです。

5:14:4

5:14:5

連休中にお世話になった練馬区立牧野記念庭園にいきました。

練馬区立牧野記念庭園、生誕150年記念

5:14:25

5:14:24

高知の牧野富太郎記念館の設計者とおなじ内藤さんのすばらしい建物です。

建築家 内藤廣設計 牧野富太郎記念館

学芸員の蔵田さんにお礼をいい、実物の胴乱を見せていただきました。

05:15:6

5:14:23

こんなに辺鄙なところにいるのに、色々な方にお世話になって、またネットと言う今の便利なもののおかげで復刻する事の出来た胴乱。大切に使わせていただいてまるやまの自然の豊かさを伝えていきたいと思います。

05:15:1

郵便局で今発行中の牧野富太郎生誕150周年の記念切手。
うしろにある『趣味の植物採集』の最後にある博士主催の東京植物同好会の規約には、

(二)本會は本會の目的を達せんが為に、毎月第二日曜日に野外採集會を行ひます。
(五)男でも女でも老人でも小児でも、誰でも會員になりたい希望の方は、自分の住所氏名を明記して、本會の事務所にお申し込み下さい。

とあります。何かどこかで聞いた様なフレーズですね。笑
畑打つ
2012/05/11(金) | 景観 |Comment
木々の葉が日ごと青々としていくのが窓からみえています。そしてまるやま組の大豆畑も、日に日に雑草が元気よくなってしまいます。ちょっと手で草むしりをしてもはかがいかず、いやになります。どうせなら植物の名前を覚えながらやれば楽しいかもとおもい、『タネツケバナ!クズ!スギナ!タチイヌノフグリ!』と声に出してもきりがありません。



ゴールデンウィークまでは集落のみなさんも田植えに大忙し、私たちの畑を打ってもらうのもわるいなぁと遠慮していたのですが、谷口さん夫妻がそうだと思ったと耕耘機のトラクターを転がしてやってきてくださいました。

561.jpg

やはり機械はすごくはやいです。地面を掘り返し、草を切ってひっくりかえしておよそ1時間半ほどですっかりきれいになりました。機械好きの谷口さんのトラクターは手入れが行き届いていて、この季節アタッチメントを替えては田んぼの畔塗りや田植え等いろいろこなすそうです。農家の方の機械等設備投資も大変なものです。

560.jpg

打ってもらう前の畑には去年のこぼれ種のソバが芽を出していました。摘んで味噌和えに食べようとあつめます。


よくみると招かれざるカップルも来ていました。ネキリムシの成虫タマナヤガと姿の似た蛾です。きっと卵を産みに来たのですね!虫も草木も一年を通じて姿を変えるので、その時々の様子を覚えておくと見え方が変わってきます。迷わずごめんなさいをいいながら踏みつぶしました。

白い蛾

そうこうするうちに谷口さんのトラクターは二枚の畑を打ち終わり、

595.jpg

わたしは今夜のおかずの一品が手はいりました。

594.jpg

到来モノ
2012/04/27(金) | 景観 |Comment
まるやま組でいつも美味しいごはんを作ってくれているゆみさんから届いた紙袋を開けるとふくろいっぱいのしいたけ!家の裏山でおじいちゃん達がつくっているのを分けてくれました。いい香りにくわえて原木なのでずっしり山の湿り気を含んだ苔の様な香り。干し椎茸にしたらいいという事でさっそくデッキに干します。

4:27:2

そしてもうひとつはこちら。

4:27:1

おうちの前の川原にはえるというコゴミ。なぜかまるやまの方にはないので摘みにいく時誘ってとおねがいしています。去年も今頃いただいた気がします。茹でるとアスパラの様な食感で、なにしろ色がきれいでアクが無いのですぐに食べられるのも他の山菜と違うところ。出初めのやわらかな蕗のみどりに包まれてすてきなおくりものをいただきました。いつものようにささっと走り書きのやさしいメッセージを添えて。この余裕真似したいけどなかなか出来ません。

4:27:3

というわけで、翌日の高校生の娘のおべんとう。いつものそぼろごはんが一挙に春の彩りに!というか手抜きもカバーしてくれる素晴らしい一品。これは冷凍食品の小分けおかずにはないはず。先日、同級生から『はなちゃんって、毎日山の中から高校通ってるんだって!?』ときかれたらしい。どうしてわかるんだろうね~と親子で首を傾げていたのですがもしかしてお弁当のおかずでばれたのかも。しれません。
まるやま組畔豆を楽しむの巻 其の二
2012/03/31(土) | 景観 |Comment
またまたご無沙汰してしまいました。アエノコトや里山マイスターの卒業の事等振り返っていきたいとおもいます。まずは豆の話から。

まるやま組で一年間本当にたくさんの人々の手によってそだてられた大豆や小豆。耕作放棄地や田んぼの畔を使って農薬や肥料をまったく使わずにそだてました。定植までの苗作り、害虫にやられたり、ニンニクスプレー雑草とり、刈取り、ハザ干し、脱穀、選別と本当に気の遠くなる様な手間暇がかかるのです。

けれども実際この面積で普通に市場に大豆を卸しても数万円にもならないのが実状です。
だから耕作放棄地がひろがって、ますます輸入物が増えるのでしょう。

生楽6

さて、まるやま組の青大豆を、輪島の中前米穀店さんできな粉にしてもらいました。
きな粉の袋を車に乗せているだけで車中こうばしいいい香り。
まるで挽きたてのコーヒー豆の香りと同じくらい香り立ちます。

生楽2

そこで神和住にあるいわずみ菓子店さんにこのきな粉を持って訪ねます。
きな粉を使って落雁生地を作ってもらいました。
堅いお干菓子の様なのでなく、ほろほろと口のなかでほどける生落雁。
中にもきな粉と水飴で練った州浜を入れてもらい、こちらは濃厚なねっとりとした食感。
まるやま組大豆の味を二度楽しめる。
あぜ豆生落雁です。

生楽8


気になる木型はアンティークです。
東京の合羽橋の和菓子の道具屋さんで古い木型に出会いました。
まさに一年間大豆栽培に取り組んだまるやま組のアエノコトにピッタリの
穀物の収穫に感謝している様な型です。
木型から落雁がでてくる様子、かわいいのです。

生楽4

あぜ豆生落雁の箱は輪島の箱屋さん、田村さんに作ってもらっています。
輪島塗等に合わせて好きな大きさに対応して下さるのでいつもお世話になっています。
掛け紙には新井さんの畔で豆の草刈りをしている、田福さんと山本さんがまるやま組専属モデルです。


能登で小さな畔も無駄にせずにつくられた畔豆。
そんな手間暇かけたものをきちんとわかってもらって購入していただく事で
里山の人々の暮らしや生きもの豊かな風景が守られる。
そんな能登のフェアトレードを提案出来たらとおもいます。

まずは4/8に金沢のしいのき迎賓館の前である春ららら市に出店します。
みなさんにまるやま組の味ご紹介出来るのを楽しみにしております。
お友達とお誘い合わせの上いらしていただけたら幸いです。

金沢・春ららら市
アエノコト準備
2011/12/10(土) | 景観 |Comment
アエノコト前日にはいろいろな準備があります。今まで年の瀬だってあまり一家総出でお正月の準備なんてした事なかった気がします。こどものころは窓もサッシじゃなくて木の建具で窓ふきしながら冬の東京の乾いた晴れた日にかざしては、曇ったところを探したりしましたが。おせち料理も簡単にして、食料の買いだめもなくお正月感がうすれてきています。ましてお飾りなども都会では買うのですから。

依り代に使う榊をおとなり神主様の細川一郎さんがもってきてくださいました。夫婦の神様なので2本です。
みなさんにお配りするケータイ依り代も準備します。

あえのこと28

御膳につける1尺2寸の栗のお箸も、庭というか山の栗を伐ってつくってくださいました。栗は毎月1寸のびるから1年の年月をあらわしたお箸です。市ノ坂のお宅では毎年家々に伝わったお箸を使い続けている家が多く。栗の木の大きな割り箸のある家もあります。

あえのこと42


煮〆の準備でこどもたちにこんにゃくを叩いてもらっています。柔らかくなるし、味のしみ込みも良くなります。

あえのこと44

せっせと根菜類の皮をむいてくれるゆみさん。はやい。

あえのこと41

打豆を打ってくれている小2の娘もさすがに疲れて来て『ママ!私は能登のおばあさんじゃないんだからね、そんなにつぎつぎ仕事できないよ~!』と反対運動をされてしまいました。

あえのこと43

ようやく公民館でお借りして来た直径70cmくらいの大鍋に二つ煮〆の具材がととのいました。まるでぐりとぐらの本みたい。これだけおおきいと調味料の量もわからなくなります。

あえのこと40

土間の出口のところにプロパンガスに鋳物のコンロを2つ取り付けます。キッチンのガス台には載らない大きさです。そとでじっくりにこみます。

あえのこと39

室内では掃除が済み、壁面に植物調査で採集した標本がはられていきます。

あえのこと8

おなかがすいた子供達。お好み焼きを作ってくれています。こうやってみんなで助け合ってやるというのもなかなかない事だなと思っています。

あえのこと38